トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    売却予定の中古車の査定額を決める場合に、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    大抵の場合、走行距離が長くなるにしたがって査定金額は低下していくのです。

    距離数が5万キロメートル以上走っている車に関しては一般的に多走行車と呼んでいて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    総走行距離が10万kmより多い車は走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    Web上でいつでも簡単に利用できる中古車無料一括査定サイトに申し込むと、売却予定の車の相場の概算がしれるので大変有用です。

    ネット環境が整っていれば端末は何でも良いので、バスでの移動時間などちょっとした空き時間で有益な情報が得られます。

    しかしながら、注意点があって、見積もりを出したたくさんの業者から電話での勧誘が一気に始まるので、このような電話攻勢が気になるのならば、メールのみで連絡可能なサイトを利用すると良いでしょう。

    中古車を見積もる際の基準は、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    このうち車のボディーと内装に関しては、事前にしっかりと掃除することで幾分査定額は高く出ると予想されます。

    事故を起こしたことがある場合は、査定士のプロの目で見れば隠しても一発で判明しますから、はじめから正直に答えましょう。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、売却予定の車の中古車オークション相場を考慮に入れて、見積金額を算出します。

    今乗っている車を手放したいと思っても、査定目的で買取業者の店舗に現物を直接持ち込むのは得策ではありません。

    一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、足元を見られることもあり得ます。

    考えられる利点というと、スピードです。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、実印(普通乗用車の場合)や必要書類が整っていれば、その日のうちに契約締結も可能です。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところでその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    修復歴をあえて隠すというのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、バレたときには減額されたり、返金を求められます。

    それに契約書をよく読んでいくと申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    車の売却査定を依頼する際は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、実際に売却する段階になれば、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、現住所と書類の住所が一致しない場合はそれを証明する書類が追加されます。

    売却の意思が堅いのでしたら必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    どのくらい残っているかにもよるのですが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

    「車検切れ」である車よりも車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだとほぼ査定額に影響を与えません。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、車検をしてから売るのはあまりお勧めできません。

    一般的に車検費用と査定アップされる金額では、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    自己所有の自動車を手放そうと思ったときの選択肢としては、買取専門店に売ることと、自動車ディーラーに下取ってもらう場合、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。

    オークションに出そうとするときには、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが面倒なトラブルを回避する上で避けては通れない事柄です。

    できれば、売却成立前に画像だけでなく実物をじっくり見てもらってから契約をするようにしましょう。

    これら以外で自分が重要だと感じたことは、念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、料金の支払いに関する約束などがなあなあになりやすいので注意しましょう。

    本来自動車の売買は大きなお金を伴うことです。

    どんなに親しい間柄だったとしても、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、重要項目についてはきちんと書面に書き残しておくべきです。

    きちんと念書を作るのを嫌がる人では、後からトラブルに発展してしまう危険性があるので、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。