トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    色々な中古売買のジャンルにおいて同じ事が言えると思いますが、これらの査定相場は変動が著しいです。

    例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、どんな車の種類であるかによって、相場が高値になる季節、もしくは地域が絞られてしまうことも出てくるのです。

    しかし、どんな車種でも言えることは、初めて登録した日からの日数が浅い方が査定額がアップすることが多いでしょう。

    車の売却が現実的になったのならば少しでも早く行動に移した方がおそらく高値で取り引きできるでしょう。

    特段、中古車買取に限ったことではありませんが、どんな分野でも同様のことが言えるでしょうが、絶対否定的な意見というものがあります。

    一個や二個の悪い否定的な意見が見つかっても、数個の悪いコメントだけに左右されてしまうと結果的に何も手に付かない事になるでしょう。

    皆の口コミは参考程度にして、思い切って無料見積もりを申し込んでみて、その査定時に自らが持った感想で判断していくことが自分にとって一番良い選択をする事に繋がるのです。

    売却予定の中古車を査定するときには、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いているとプラス査定になることが多いです。

    でも、新型の車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないとグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    さらに、同様の理由でもしも、カーナビがない場合には査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    一般に海外の車というと国産車に比べて、中古車市場に出す際は値段が落ちやすいと言われています。

    外国製の車は国内での流通量が日本の大手メーカーのものと比べるとどうしても少ないですから、市場価値の判断がつきにくく、業者や地域による差が出やすいのです。

    しかし高値がつかないからと諦めるのは早計です。

    少しでも高く売るためには、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    複数社に一度に依頼できる一括査定サイトをうまく使えば、極めて短時間のうちに何十社もの査定額を知ることができます。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は自動車の販売は好調です。

    どの中古屋でも今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、9月というのはまさに売り時です。

    逆に決算終了後の4月には査定額が低調ですので避けた方が無難です。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、実際に売却する段階になれば、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、結婚で姓が変わった場合や転居で住所地の確認が必要なときは必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。

    中古車屋に売ると決めたらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    外車は珍しいものではなくなってきましたが、国産車よりは圧倒的に数が少ないため、同じ状態の車でも業者によって買取額が全然違います。

    あとになって損をしたことに気づくといった例も少なくありません。

    査定を依頼するなら輸入車専門の業者にした方が、外車に乗る客層のニーズを理解しているので査定額は全体的に高めになります。

    しかし一口に輸入車と言っても、それぞれ得意とするメーカーや車のタイプなどは異なります。

    まずはネットの一括査定サービスなどを使って、どこなら高く売れそうかを見極めると良いでしょう。

    愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを自分で実施可能な暇と知識があるのならば、個人売買で自動車を売る方法が一番双方にとって得をする方法です。

    一般人同士が車の売買をするときにトラブルを引き起こしやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までに必ず行ってもらうことを念書にしたためるようにして下さい。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払って2回目以降は支払ってくれない事がないように一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。

    自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。

    公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば売却することで家計はかなり節約できるでしょう。

    維持費の内訳を見てみると、自動車税や保険料、さらには車検代、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    以上の合計を鑑みると、意外に高くて年間数十万円にも達することだってあるのです。