トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    出来るだけ高い値段で自分の中古車を売るためには、たった一軒だけの査定で終わらせないで査定を沢山の会社に依頼するのがベストな方法です。

    ほかの業者が提示した査定額を見せることで見積金額がアップすることは良くあることです。

    多くの会社に一度に査定依頼をするには中古車一括査定サイトを活用すると便利ですが、一括査定サイトで異常に高額な査定額を表示する業者は詐欺会社かもしれませんからじゅうぶんに気を付けなければいけません。

    今自分が乗っている車を売ってしまおうと思案したときにお勧めしたいのが、ネットを利用した一括査定サイトで査定してもらうことが挙げられるでしょう。

    さまざまな企業の査定金額を比較して検討することができるので、自分であれこれお店に行って査定してもらわなくてもその中で最も高い金額を示してくれる会社を取捨選択可能なのです。

    また、それにも増して自分の車種の資産価値がおおよそ現時点でどのくらいの金額になるのかの目安がすぐに分かるのです。

    買取業者から提示された査定金額に納得できなかったとき、売るのを止めても特に問題は発生しません。

    複数の買取業者に査定をお願いして比べてできるだけ高く買い取ってくれるところで売る方が良いに決まっています。

    その一方で、現実的に契約を結んでからの売却をキャンセルすることは難しいか、たとえキャンセルできたとしても損害賠償金が発生する可能性があるのです。

    契約に関する詳細については取り交わす契約書に記載されていますから、全文をしっかり熟読した上で契約するようにしてくださいね。

    売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。

    しかし買取業者に見せる前に新しいタイヤに履き替える必要はないでしょう。

    いかなるタイヤであれ消耗品であることに違いはありませんし、車を中古車市場に出す時に業者が別のタイヤに交換してから売るのが極めて普通に行われているからです。

    タイヤの状態の悪さはたしかに減点対象ですが、買取額への影響はあっても極めて少ないです。

    タイヤを交換するなと言うわけではありませんが、もし交換しても逆に損するケースがほとんどです。

    車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んで現物査定を受けるつもりであれば、曜日や時間帯によっては短時間には終わらないかもしれませんが基本的に飛び込みでも大丈夫です。

    ただ、飛び込み査定のときは他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。

    結果的に市場価値より安値で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

    スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうがより高い額で売却することができます。

    お子さんがいてチャイルドシートを使用している場合、その車を査定するために業者が来るのであれば、はずしてから査定に臨む方がいいです。

    チャイルドシート類はどこの業者の査定でも加点される項目ではありません。

    もともとチャイルドシート自体はユーズド品でも人気のある商品なので、取り外してからリサイクルショップなどで売れば値段がつかないということはありませんし、一部のブランド品などはこちらが思っているより高額で売れることがあります。

    近年市販されている車ははじめからカーナビシステムがついているのが大部分です。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えばプラスの査定が期待できます。

    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいてカーナビだけ別にしてオークションで売ることも良い方法でしょう。

    インターネット上に存在する中古車一括査定サイトを利用すると、車の価格の相場がすぐに手に取るように分かるため大変便利です。

    相場価格は知ることができますが、現実にいくらで売ることができるのかは実際に査定士に見積もってもらって最終価格を聞くまでは分からないのです。

    車検の残り期間の有無やその車の状態がどうかによって、実際の査定金額は大きく変わってしまう可能性が高いのです。

    車売却の際には、中古車一括査定サイトからはじき出された相場価格を過信しすぎるのもいけないと言うことを覚えておきましょう。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、年式が古い車の場合通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    愛車を売ろうという場合には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。