トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    自分で買い取り店に行くことなく、一度に何店もの見積もりの額を比較検討出来るのが中古車一括査定サイトの良いところです。

    忙しい人にはうってつけのサービスです。

    但し、多数の店舗に一括査定しているため、致し方ない面もあるのですが、多くの業者から次々電話連絡が来ることになるでしょう。

    そのうち電話に出ることが嫌になってしまったり、強引に取り引きを要求する会社があるかもしれないデメリットもあることを承知した上で利用すべきでしょう。

    中古車買取において、業者に査定依頼する際に必要になる書類は、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、特別に前もって準備することはないでしょう。

    しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、印鑑証明書や自動車税納税証明書などのいくつかの書類が必要になるのです。

    引越や結婚などで姓や住所の変更があり、印鑑証明書や車検証の内容と違う表記になっているケースでは住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、スムーズに売却するために、事前に準備しておくとベターですね。

    中古車の見積金額が腑に落ちないものだった場合に、売却を断っても構いません。

    複数の買取業者に査定をお願いして比べてできるだけ高く買い取ってくれるところで売る方が良いに決まっています。

    反対に、売買契約書を締結した後からの売却キャンセルは受け付けて貰えないか、キャンセル可能でも賠償金が発生する場合がほとんどです。

    賠償責任の有無などに関しては契約書に詳細を明記する決まりですので、契約するときはどんな時でも全文に目を通すクセを付けた方が良いでしょう。

    外車というのは国産車と比較すると、買取査定時の値崩れが大きいといわれますがなぜでしょうか。

    日本全国での車の流通実績で見た場合、輸入車というのは国内メーカーの小規模なメーカーと比べてもはるかに少ないですし、修理費もかかりやすい上、取引の実績値に乏しく、業者や地域による差が出やすいのです。

    つまり輸入車を高く売る最良の方法としては、なるべく多くの業者の査定額を集めて検討するのが有効です。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うとたった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    査定士が実車を査定するときは所有者が立ち会う必要があるなどとする決まりなどはありませんが、車の持ち主がいない場所で起きがちな問題を防止すべく、できるだけ実車査定には所有者が同席するようにしましょう。

    酷い業者ばかりとは限りませんが、なかには所有者がいなければわかるまいとわざと車体に傷を作るといった違法な手法で本来の額より低い値段で買い取ろうとするケースも報告されています。

    訪問査定が済むと、来る業者は皆一様に契約を急ぐはずです。

    売主が魅力を感じる条件、つまり金額アップをちらつかせて即時契約を求める商談が展開されるでしょうが、その場で決めるのは得策ではありません。

    中古車売却時には複数の会社から見積もりをとって競合させるのが高額査定を得るためのセオリーだからです。

    とりあえず多くの会社から見積りを出してもらい、材料が手元にそろってから交渉しても遅くはありません。

    中古車買取店に車を売るためにネットの一括査定サービスなどを利用すると、出張査定の約束を取り付けようとする営業電話が殺到するのが普通です。

    そういう事態はなるべく避けたいというのであれば、電話連絡なしでメールのみの設定ができるところから査定を依頼したほうが良いでしょう。

    非常識な買取店になると相手の都合も時間帯も完全に無視した電話をしつこくかけてくる例も実際にあることですし、連絡先をメールにしておくと、いつ連絡があろうと気を使わなくて良いのです。

    車の売却を済ませた後から、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額などを言い渡されることがあるかも知れません。

    事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば自分の方が非難されるべきですが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合、中古車市場では敬遠される対象なので満足な値段がつかないことも珍しくありません。

    しかし諦めるのはまだ早いです。

    解体業者への持ち込みと廃車手続きを自分ですれば、屑鉄代と重量税の還付金が手元に残ります。

    そのほか、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    そのような店舗は使える部分の有無を見ていき、細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

    廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも結果的にトクする方を選んでください。