トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    Web上でいつでも簡単に利用できる中古車無料一括査定サイトに申し込むと、自分が売ろうとしている車の相場の概算がしれるので大変有用です。

    パソコンだけではなくて、携帯やスマートフォンで利用可能ですから、休憩時間など少しの空き時間でも有効に活用することができますね。

    ただ一点言えることは、申し込んだ買取業者から一度にたくさん電話連絡が来るようになるので、このような電話攻勢が気になるのならば、メールのみで連絡可能なサイトを利用すると良いでしょう。

    中古車買取業者の中には、事故車や輸入車や軽自動車など、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    たとえばの話、自分が乗っている売却希望車が軽だったら、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が高く見積もってくれることでしょう。

    このような特定ジャンルに特化した業者は一括査定サイトを利用した際に、一般の買取会社よりも幾らか高値で取り引きしようとしてきますから、その点で他と判別することができるのです。

    所有する車を買取に出そうと思い付いたときに最良の方法として、中古車の一括査定サイトの利用が選択肢としては有効です。

    たくさんの業者の査定額を比較できますから、自らあちこちの店舗に出向かなくても一番高い額で買い取りしてもらえる企業を選び取ることが可能なのは勿論ですが、更にその車の価値が概ね今のところどの程度なのかを一瞬にして知ることが可能です。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    業者の意図としては今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    売却を漠然と考えているのであれば、9月というのはまさに売り時です。

    逆に決算終了後の4月には査定額が全般に下がり気味になります。

    買取業者というのは大概、19時以降などの夜間でも訪問査定をしてくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、実際にはそれほどの違いはありません。

    指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるものですし、曇天、雨天といった状況下では光の反射が少ないので噂のようなこともあるかもしれませんが、業者もそれは承知なので厳しく減点している可能性もあります。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、気象条件で査定が変わるような業者では逆に困るのではないでしょうか。

    ある程度を超えて走行した車というものは、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、値段がつけられないと言われることも多いです。

    かといって車の価値がゼロ円だのといったものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    そういった車を専門に扱う業者であれば、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    自分が持っている車を見積もり査定に出すときには、傷などが大きく目立つと見積もり時に減額対象となってしまうでしょう。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    自動車修理の技術が優れていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしても専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    そうかと言って、実際に売りに出す前に自分で修理を依頼した方が良い結果を生むわけではありませんから気をつけてください。

    修理にかかった費用以上に査定額が高くなることは望めず、結果的に自分が損をしてしまうだけだからです。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検切れまで残り半年くらいになるともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    でも見積金額アップを狙って車検を通してから車を売却することは有益ではありません。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

    中古自動車売却に関して言えば、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    でも、新しく購入した車に関しては、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

    これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    初めてのことでしょうから面倒と言えばそれまでですが、手数料の節約になるため、トライするのも結構ですね。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、必要書類として自動車の売買契約書があります。