トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    複数の査定業者から見積もりを出してもらうことを「相見積もり」といいます。

    相見積もりを何時でも何処でも簡単に行えるのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、複数の買取業者に同じ日の同じ時刻に売買予定車を目の前で査定してもらい、査定金額を提示してもらうという意味もあるのです。

    業者の中には他の業者と同時に査定するのを毛嫌いするところもあるのですが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    買取に出そうと考えている所有車にどうしてもこの金額では売却不可能だと考える査定を店舗側から提示された場合、売却は不可能だと正直に話しても良いのです。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、必ずしも契約しなければならないと言う決まりはないのです。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとそのときから、もっと値段を上げてもらえる可能性が高まるかもしれませんし、その店にこだわらなくいても、ほかならもっと高値で売却可能かもしれないですよね。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    中古車買取の業者が出してきた査定金額に自分が納得できなかったときに、売るのを止めても特に問題は発生しません。

    多くの業者に見積もってもらってできるだけ高く買い取ってくれるところで実際の取り引きをする方が良いでしょう。

    でも、契約書を交わしてからの売却キャンセルは受け付けて貰えないか、受付可能でも損害賠償金を請求されるケースがあります。

    損害賠償などの決まりに関しては契約書に書かれているはずですので、きちんと契約書を読んでからサインすることが重要になってきますね。

    訪問査定で車の現物を見る際、ペットやタバコのニオイがついたままの状態ではやはり減点になってしまいます。

    所有者は臭いがないと思っていることも多いくらいですから、感覚が鈍化してしまっている状態で、言われてから「そういえば」と思う人も多いようです。

    業者に査定を依頼する前に、第三者に車内のにおいをチェックしてもらうと万全です。

    消臭剤や芳香剤を使用しても付着したにおいはとれませんので、温タオルや中性洗剤などを使い、ていねいにニオイの発生源をなくしていくのが有効です。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時に気をつけなければいけないことがあります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容は判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。

    契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして金額に関する文言は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    細かいところまで読んでから必要であれば質問して、納得してから契約に進みましょう。

    高級車のイメージがある輸入車ですが、国産車よりも中古で売却するときの価格が安く、損であるように言われています。

    日本全国での車の流通実績で見た場合、輸入車というのは日本車とは比較にならないほど少数で、実績値のメタデータも少なく、あまり高額で買い取っても業者の利益が確保しにくいのです。

    ではどうやって売却すれば良いのかというと、なるべく多くの業者の査定額を集めて検討するのが有効です。

    車買取では保険などと同じように一括見積りサイトの利用が便利です。

    これならほんの少しの手間と時間だけで複数の買取店の査定額を集めることが可能です。

    自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

    しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて買うときにも提出する必要があるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、後々手続きが順調に運ぶことになります。

    車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、自動車ディーラーのところで下取りに出す場合、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。

    オークションに出そうとするときには、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをなるべく他人が読んで分かりやすく表記することがやっかいなトラブルを避ける上で非常に有効なことです。

    できれば、売却成立前に画像だけでなく実物をじっくり見てもらってから契約をするようにしましょう。

    また、それ以外で大切だと思ったことに関しては、書面に書き表してサインと捺印をしてもらい、双方で保管すれば完璧でしょう。

    自分が持っている車を見積もり査定に出すときには、目につくキズや凹みが存在すれば見積もりの際に減額されることがほとんどです。

    目立ってしまう傷や凹みを自分で修理しようとするのは良くありません。

    それなりに自動車修理の腕前を持っている人でもない限り、ちょっと見ただけではきちんと直っているように見えても修理箇所を専門家が見たらそれ程きちんと直っていない場合も多いのです。

    でも、見積もりに出す前に車の修理を依頼する方が良いということではないのです。

    修理にかかった費用以上に査定額が高くなることは望めず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。