トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    自分が所持している車に全く馬鹿にしているような査定金額を算出して示されたときには、売るのを止めてしまっても構いません。

    中古車見積もりを依頼したとしても、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。

    どうしても腑に落ちない価格だったら気にせずに断ってもOKなのです。

    特段、中古車買取に限ったことではありませんが、どんな分野でも同様のことが言えるでしょうが、ネガティブなレビューは存在します。

    数個の悪い口コミを発見しても、数個の悪いコメントだけに左右されてしまうと最終的には何も手に付かずということになるかもしれません。

    みんなの意見は参考にするだけで、頑張って無料査定をしてみて、査定したときに受けた自分のイメージを大切にしていく方がベストな方法です。

    特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまうほんの少しのへこみや薄い傷などは、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、あまり神経質になることはありません。

    それとは逆に、触ったときに引っ掛かる程度の傷や明らかにへこみがある場合、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、マイナス査定されるのを避けようとして自分で費用を出して直したとしても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

    中古車を売るならまず査定を受けることからスタートです。

    一括査定サイトなどのウェブサービスで得られる査定額は目安的なものですので、後に買取業者が実際に車を見てチェックし、最終的な価格決定となります。

    納得がいかなければ断っても構いませんし、それで良いと思ったら車検証や自賠責保険証などの書類を整えてその業者と売買契約を締結します。

    そのあとは取り決め通りに車を引き渡し、所有者の名義変更等の一連の手続きを経て買取代金の支払いがありますが、現金ではなく口座振込みが主流です。

    これで売却に関するすべての作業が終わります。

    車を売却して業者から代金が支払われるのは、その車の売買契約を結んだ日から一週間程度かかるのが普通です。

    実車の査定に訪れた日に契約の意思を伝えていても、所有者側で用意する書類が足りなかったり、実印が見当たらないなんてことになれば、本契約したことにはなりません。

    印鑑証明などは役所に行かなければ取れませんし、早く入金してほしければ、売る決意が固まった段階で、査定を依頼する以前に書類を整えておく必要があります。

    提出書類は普通乗用車と軽では違いますし、間違えないようにしましょう。

    転居で住所が変更になった人は要注意です。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですから値段がつかないこともあります。

    では、その損失分を事故の相手方に払ってもらえるのかというと、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

    個人間で調整したとしても保険会社としては何ら支払いをしてくれない場合が多いです。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所と協議したほうがいいでしょう。

    大変重要なことなのですが、契約書の文章をよく読んで内容を充分に理解することは、自動車に関連したことだけではなくて売買契約をするうえではとても大切なことです。

    自分が署名して捺印をすると、書かれている文章の内容はすべて法的効力を有するのです。

    契約書に書かれた自動車の状態に問題はないか、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、丁寧に一つ一つ確認していくことが必要でしょう。

    少しでも不安に思ったら自分が納得するまでスタッフに質問することも重要になってきます。

    自動車というものは頻繁に乗らなくても維持費は一様にかかってくるものです。

    自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら車を売ってしまうことで家計がかなりスマートになるでしょう。

    そんな維持費の内容を見てみると、毎年負担をしなければいけない自動車税や保険料、二年に一度支払う車検代、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    以上の合計を鑑みると、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、まずは一括査定サイトなどを使って机上査定の金額を知ることから始まります。

    そして現物を業者から派遣された査定士が判定し、最終的な買取額が算定されます。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、代車手配や価格などで折り合いがつけば晴れて契約です。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと売主の口座に売却代金の振込があります。