トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    自分の車を買取業者に査定に出して、提示された金額がどうも腑に落ちないときに、売るのを止めても特に問題は発生しません。

    さまざまな会社に査定を依頼して比較検討して一番高い査定額を表示してくれた店舗で売る方が良いに決まっています。

    しかし、取引契約を締結してからの車の売却キャンセルは難しいか、キャンセル可能でも賠償金が発生する場合がほとんどです。

    損害賠償については契約書に詳細が明記されているはずですから、なるべく契約書の全文をきちんと納得するまで読む習慣をつけておきましょう。

    過去に故障や事故などで修理をしたことがある車は、たとえ嘘をついて査定してもらっても一瞬で分かってしまうものです。

    軽い損傷程度で済んでいて、それに見合った修理がされているならば「修理車」のカテゴリーに含めないケースもあるので、正直にハッキリと伝えた方が無難です。

    もし多くの買取業者で同じように0円査定と言われてしまったときには、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    中古車売買の金額をアップさせるために買取業者と査定金額の交渉を行う際に肝心になってくるのは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    相場価格を事前に確認しているのならまだ良いのですが、そうでないのならば自分で相場よりも低めの価格を提示してしまうかもしれませんので、このようなときには絶対損をします。

    買取業者と価格交渉を行おうと思っているならば、価格交渉する前に充分に準備してから臨みましょう。

    中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のためにこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。

    どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容はサイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった金額やそれに関する諸条件は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、それで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に「何年落ちの車」などと言って古さを表します。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなく車検証の「初度登録年月」ですから気をつけてください。

    高年式の車ほど査定額は低くなっていくものですから、10年落ちの車などは驚くほど低価格になりかねません。

    市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、もし購入する気持ちで考えてみると、その中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。

    これから中古車買取り業者に査定をしてもらおうという場合は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、売却する業者が決まって契約となると、幾つかの書類を用意しなければなりません。

    売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、書類と現在の姓が違っている人はもとより、現住所と書類の住所が一致しない場合はそれを証明する書類が追加されます。

    売却先を決めてから一度に書類を揃えるのは大変ですので、売る気持ちに変わりがなければ早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。

    何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印を用意することになります。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いする場所が違うのです。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。

    自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険は条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    その気になる条件ですが、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

    車を売却するときは還付の対象にはなりません。

    さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にも勝手に振り込まれるわけではないのです。

    保険会社に対して自分自身で書類の手続きをして還付されるものなのです。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

    「車検切れ」である車よりも残りがある方が高く評価して貰えます。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだとそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。

    一般的に車検費用と査定アップされる金額では、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。