トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    原則的に、車査定において絶対必要になってくる国家資格はないのですが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと与えられませんから、この資格を持っていると言うことは、査定スキルが一定以上のレベルにあるということがお分かりになるでしょう。

    特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、それ程気に病む必要はないといえます。

    反対に、爪がかかるくらいのキズや明らかにへこみがある場合、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、査定が低くなるのを避けるために自分で直してもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    沢山の会社に車の一括査定を依頼できるサイトがインターネット上には多くあります。

    そして、自分の名前を記載せずに査定を受け付けてくれる場合もあります。

    査定をお願いしても結果が分からないのでは駄目なので、結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、できれば最小限の個人情報しか教えたくないケースでは良いでしょう。

    また、連絡先すら秘密にしたまま中古車の相場金額が分かるものとしては、売却予定の車種などを製造メーカーのホームページの専用フォーマットに入力すれば、今のその車の相場の概算を知ることが可能です。

    この参考値は大変大雑把な価格ですから、信頼性に欠ける面があるのは否めないでしょう。

    壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、実際に全損には2種類の意味があります。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、そのほか、修理費が保険の支給額を上回ってしまうものを経済的全損と言います。

    自動車保険の給付金の金額というのは、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は相場の現況を知るようにしています。

    実際の価格と違うように感じたら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    一括査定サイトを使って中古車の売却をするように、自動車保険専門の一括見積サイトといったものも登場しています。

    すべての自動車保険は年限が限られており貯蓄性はなく、共済と同じように掛け捨てタイプなので、続けるほど得というものではありません。

    ということは、同じサービスなら安い自動車保険へとさっさと乗り換えても、なんら損することはありません。

    生命保険一括見積りサイトの自動車保険版といえばわかりやすいかもしれませんが、利用料、登録料などを請求されることは一切ありません。

    何社かに自分で個別に資料請求するのとは違い、簡単に同業各社の保険を分りやすく比較できるため、検討にはもってこいです。

    車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んで直接査定してもらおうと思っているなら、曜日や時間帯によっては短時間には終わらないかもしれませんが急な持ち込みを歓迎する店は少なくありません。

    そのかわり持ち込み査定という性質上、まったく相場を掴まずに価格交渉することになります。

    つまり本来の価値より低い価格で買い取られても気づかない可能性が高いのです。

    同じ査定なら出張査定で、多くの業者に見積りを出してもらうほうが良い値段がつきます。

    車の売却を勧める買取業者からの電話攻勢が激しくて辛い思いをするかも知れませんが、多くの買取店で査定をしてもらうことは少しでも高く車を売るためには有効な手段です。

    相場を知っていないと業者との交渉もできないでしょうし、沢山の買取業者から見積もりを集めるのが相場を知る一番の近道だからです。

    すぐに決めてくれれば高く買取いたします、などの営業文句に騙されてすぐに売却を決めない方が良いです。

    大きな交渉事は焦らないことが、出来るだけ高価に買取を成立させる手立てなのです。

    実査定に出して提示された中古車の査定額というものは、いつまでも変わらず同じ値段で買い取ってくれるわけではないのです。

    買取金額の相場は常に流動的ですから、最終的な査定金額にはある程度の期間保証を付けて提示しているところが多いです。

    車の査定額を見せられたときにその場で売ることを決心できないときには査定額通りの値段で買い取って貰えるのはいつまでなのか充分に注意しておくようにしましょう。

    査定金額の補償期間については交渉次第のところもありますが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。

    愛車を売却使用と考えているときに査定前に洗車しておくことは、直接査定には響きませんが車を高く査定してもらうには効果があるのです。

    車がキレイに洗車してあってもなくても、自動車の見積額が上乗せされるケースはほぼないのです。

    でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことを印象づけるポイントになり得るのです。

    車を雑に扱っていた人よりも買取会社は信頼感がアップするでしょうから、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。