トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    一軒一軒実際の店舗に見積もりに行かなくても、いっぺんに多くの業者の見積もりを車の一括査定サイトで比較することが可能です。

    忙しい人にはうってつけのサービスです。

    ただし、査定の申し込みを多数の企業にお願いしているから、致し方ない面もあるのですが、電話連絡が複数の会社から一気にかかってくるでしょう。

    そのうち電話に出ることが嫌になってしまったり、しつこく売ることを迫る店舗もあるデメリットがあることを知った上で賢く利用する事が必要でしょう。

    ウェブ上で売りたい車の査定金額をいっぺんに複数の企業に依頼可能な、幾つもの車一括査定サイトがあります。

    見積もりをしてもらったら売るべきであると決まっているわけではありません。

    そのうえ、自分の足を使って複数の会社に査定してもらいに行く手間が省けるのです。

    でも、査定してもらった会社の中には電話勧誘がしつこいところもあるので、自宅などに電話されるのが面倒な人は、メールが連絡手段となっているところを利用すればしつこい勧誘電話を避けることが出来ます。

    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何個か考えることができますが、これらトラブルの中には実際に酷く質の悪いものもあるのです。

    例えば、査定金額を表示して納得して車を手放した後になって、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと買取金額を低くされることもあるのです。

    さらに悪質な業者の場合は、車だけ業者に渡すことになって、引き替えにお金が入らない場合もあるのです。

    これらのような質の悪いケースに巻き込まれたら、あわてずに消費者生活センターや警察などに相談してみることをオススメします。

    いくら売却したいと思っていても、査定のために業者のところに直接、車で行こうというのはよほど急いでいない限りおすすめしかねます。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、相場より安値で売却してしまうこともあるからです。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、売却にかかる時間が最短で済むということです。

    買取対象となる商品を持ち込んで査定を受けるので、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。

    中古車の相場は変動するので実車査定は欠かせませんが、その方法はおおまかに言って二つに分けられます。

    一番多いのはディーラーによる下取りで、これは買い替えが大前提です。

    車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると低い買取り価格になるようです。

    一方、買取専門業者に査定を依頼すると、一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的にディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、査定士がつけた査定額というのは有効期限が設けられているのが普通です。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、金額を出してもらった段階で有効期限については聞いておくと安心です。

    有効期限の設定は、長いところで2週間という感じですが、これが中古車の相場の変動が大きい時期になると、非常に期間が短くなっていることもありますので、気をつけなければいけません。

    中古自動車を見積もり査定に持って行く前に丁寧に洗車しておくと、間接的ではありますが車を高く査定してもらうには効果があるのです。

    実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、自動車の見積額が上乗せされるケースはほぼないのです。

    でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことを買取店舗に対してアピールするポイントになるのです。

    手荒に乗っている所有車よりも店舗側から見たら信頼感が増すでしょうし、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、走行距離のメーターが10万kmを超えている車は、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

    けれども対処法がなくなってしまったわけではありません。

    解体業者への持ち込みと廃車手続きを自分ですれば、屑鉄代と重量税の還付金が手元に残ります。

    そのほか、過走行車や事故車専門店に相談するというのもありでしょう。

    そのような店舗は使える部分の有無を見ていき、細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

    簡単さでは専門業者に勝るものはないですし、納税したばかりなら自分で廃車手続きするのもありです。

    どちらにせよ、結果的にトクする方を選んでください。

    中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、個人売買で自動車を売る方法が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが名義変更関連と支払い関連なのです。

    名義変更関連は、決められた日にちまでに必ず行ってもらうことを念書にしたためるようにして下さい。

    料金の支払いに関しては、初回だけ払って2回目以降はそのまま逃げられることもあり得ますので、一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。