トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    今持っている売却予定の車にどうしてもこの金額では売却不可能だと考える査定を算出して示されたときには、それなら売るのは止めると言うこともできるのです。

    中古車見積もりを依頼したとしても、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。

    一番最初の見積金額では売れないと言うと一回断ったことで金額交渉のチャンスが生まれる場合もあるでしょうし、そこ以外の店舗に行けばもっと高い査定をしてくれる可能性もあるのです。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    車体に凹みやキズがある中古車は査定の際に低く見積もられることが大半です。

    でも、それを避けようとして前もって自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。

    査定前に個人で修理しても、その修理に要した経費より多く高く見積もってくれる保証はないからです。

    自分で直そうとするよりも、その中古車を引き取った後に、販売店の方で提携の修理業者にお願いした方がコストを抑えることができてしまうからです。

    プロの腕前の査定士には口からでまかせを言ってもすぐに分かってしまいます。

    修理歴のある車だったり事故を起こしたことがある車なのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がって「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、ウソをついてしまったという事実があるとスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    でまかせを言ったことが原因で、査定額は厳しくなるかもしれないことが起きても何ら不思議はありませんから、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、買取査定時の値崩れが大きいといわれますがなぜでしょうか。

    外国車としては名の売れた車でも、日本全体の車の量で考えると国内メーカーの小規模なメーカーと比べてもはるかに少ないですし、修理費もかかりやすい上、市場で安定したニーズがあるとは言い難く、買取業者としても値付けが難しいからです。

    ではどうやって売却すれば良いのかというと、出来る限り多くの買取店に査定してもらい、最高値をつけた業者と交渉することです。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うとほんの少しの手間と時間だけで複数の買取店の査定額を集めることが可能です。

    パジャマ姿でも外出先でも時と場所を選ばず見ることができるのがウェブの中古車査定一括サービスです。

    一度入力すればそれだけで何十社もの買取査定額を知ることができます。

    ただ、ひとつだけ不自由に感じるところがあります。

    ネットだからと時間を気にせず査定依頼の登録をすると、夜間受付や24時間OKという業者から夜中にもかかわらず営業電話が殺到することがあるからです。

    勤務中にかかってくるのも困りものですし、登録する電話番号は選んだほうが良いでしょう。

    中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、中古車を査定する際に業者が提示した価格にも期限が設定されています。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、金額を出してもらった段階で有効期限についてはしっかり確認することが不可欠です。

    日数は多くても2週間以内でそれ以上はほとんどないでしょう。

    そして相場の変動が大きい繁忙期の査定では、短めの設定になることが当たり前です。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、買取対象となる車を実際に業者が採点していき、最終的な買取額が算定されます。

    提示額が不満なら交渉の余地があります。

    そして価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    その後、対象となる車を業者が取りに来て、先方による書類上の手続き等を経て業者から売却代の振込があるのが普通です。

    手間ひまかけて掃除して複数の業者に査定を頼んだにも関わらず、タダみたいな値段しかつかないときは、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者ならそれなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    それにもし廃車にするとしても、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    専門業者に委託する最大の利点といえば、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、車の処分にかかる費用が無料で済むというところです。

    ネット上の中古車一括査定サイトを使うと、おおまかな車の査定価格があっと言う間に分かるのです。

    じっさいの見積もりの時に価格交渉を念頭においているのであれば予備知識を得るために有効な手段と言えるでしょう。

    反対に、本当のところは売却しないがちょっと相場だけでも知識として得たい場合に活用することは勧められません。

    ネット上の中古車一括査定サイトを活用すると、その途端勧誘の電話が急にたくさん鳴り出してしまうのです。

    本当に売却の予定がないときには、たくさんかかってくる営業電話は全くのストレス源にしかなりません。