トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    沢山の会社に車の一括査定を依頼できるサイトがインターネット上には多くあります。

    そして、個人の名前などの情報を記載せずに査定可能なサイトもあります。

    せっかく査定を依頼しても結果の連絡を受けなくては意味がないので、連絡先は書くようですが、なるべく個人情報を開示したくないという人には便利なサービスですね。

    また、連絡先すら秘密にしたまま中古車の相場金額が分かるものとしては、手持ちの車の車種や年式などの情報をメーカーのサイトに入力すると、おおよその相場を知ることができます。

    この参考値は大変大雑把な価格ですから、やはり詳細な金額ではないので、あまり参考になるとも思えません。

    中古車買取専門店での査定の際には、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    ただ、最近発売されている車にはすでにカーナビは付いているのが当然ですから、より最新モデルのカーナビでないと大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、カーナビ非搭載だと査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、詳細な査定基準ではなく簡易的に導き出された査定金額です。

    同じ車種の同じようなグレードでもその車ごとにボディーの状態などは千差万別で当然ですから、その車ごとの査定額は中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が必ずしも実買取時に同じように示される訳ではないので、注意すべきと言えますね。

    今乗っている車を手放したいと思っても、査定目的で買取業者の店舗に現物を直接持ち込むのは得策ではありません。

    一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、足元を見られることもあり得ます。

    考えられる利点というと、スピードです。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、実印(普通乗用車の場合)や必要書類が整っていれば、その日のうちに契約締結も可能です。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところでその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    修復歴をあえて隠すというのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、バレたときには減額されたり、返金を求められます。

    それに契約書をよく読んでいくと申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    車の売却査定を依頼する際は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、実際に売却する段階になれば、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、現住所と書類の住所が一致しない場合はそれを証明する書類が追加されます。

    売却の意思が堅いのでしたら必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    当然かもしれませんが、自動車を欲しがる人が多数いる季節の方が、売却サイドから考えても自動車が高く売れる好機であるのです。

    自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、同時に買取価格も連動して上がるのです。

    俗に決算月と呼ばれる3月と9月は中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、買取店での価格交渉も有利に行える可能性が高いのです。

    決算月であることに加えて、9月は夏のボーナスが出ている状況で中古車の売れ行きはアップするのでお勧めの季節ですね。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    車売却の際にたまにあるケースとして、売ることが決まってから「実は問題点が見つかりました」等の話をされて買取額を目減りさせる場合があるので気を付けなければいけません。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならば悪いのは売り手側です。

    そのようなことがないケースでは、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、自ら承服する必要はないと言えます。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、タイヤを履き替える必要はないのです。

    ただ、スタッドレスタイヤを履いている時は、買取査定に出す前に通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    スタッドレスタイヤは冬場や雪の多い地域にしか需要はないため、査定額が下がってしまう原因になるのです。