トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、査定にかかる時間は単純に待っているだけの時間を除外すると約10分から15分程度です。

    これは現時点における車種ごとの中古車オークション相場などを参考にして前もってベースの査定額が決まっていて、ベース金額から走行距離、さらには車の各部位の状態などを確かめてから、中古車の状態による査定のアップダウンをすることで、最終的な価格を決定することが可能だからです。

    査定の専門家には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。

    じつは事故ってしまったことがあったり、修理を依頼したことがあったのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくてでまかせを言っても確認すれば判明します。

    さらに、嘘をついたことが原因でスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    嘘をついていたことがバレて、一般の査定額よりも厳しめになってしまうことも起こっても仕方ありませんから、話しにくいことでも正直に隠さずに伝えた方が良いということがお分かりでしょうか。

    たくさんの中古車査定業者から見積もりしてもらうことを通常は相見積もりと呼ぶことが多いです。

    これをどこにいても実施できるようにしたのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    それから、この相見積もりは、時を同じくして多くの買取業者に売買予定車を目の前で査定してもらい、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    買取販売店の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと実車査定に応じてくれるものです。

    昼間の査定と比較すると夜のほうが車のキズやヘコミが見えずに済むので、減点が少なくて済むので結果的に高めの査定を得られると言われています。

    けれども、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

    たしかに夕方以降や同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

    なるべく高い価格で車を売却したいと思うのであれば、査定依頼する業者は複数でなければなりません。

    とはいうものの、休みの日を費やして買取業者にそうそう何件も足を運ぶのは難しいです。

    ネットにある中古車査定一括サイトを活用すると、時間も労力も使わないで済む点はありがたいです。

    24時間いつでも申し込みでき、1回の入力で何十社もの見積額を知ることができるため、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    ただし、あまり数多くの業者を指定するとその会社全部からいっぺんに電話がかかってきますから、覚悟は必要かもしれません。

    車の買取を行っている店舗に車を持って行って査定してもらうつもりなら、繁忙期などは待たされることはあるかもしれませんが、基本的に飛び込みでも大丈夫です。

    但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。

    結果的に市場価値より安値で買われてしまうこともあります。

    出張査定で複数の業者に来てもらう方が相場もわかり、良い値段がつきます。

    中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、個人間の取り引きの方が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    個人売買の際にいざこざに発展しやすいのが名義変更関連と支払い関連なのです。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までにきちんと名義変更の手続きを行うように念書を書くこと回避できます。

    料金の支払いに関しては、初回だけ払って二回目以降は支払いが滞ることがないように、原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。

    自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は自動車を買うときにも提出が求められますから、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    因みに印鑑証明書の有効期限は発行してから3ヶ月間です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、自動車ディーラーのところで下取りに出す場合、自ら自動車オークションに出してしまう方法も存在します。

    オークション出品の際には、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをなるべく他人が読んで分かりやすく表記することが厄介なトラブルを招かないようにするうえで必須項目になるでしょう。

    できれば、売却成立前に画像だけでなく実物をじっくり見てもらってから契約をするようにしましょう。

    その他の大切だと思ったことは念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。