トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、その見積金額に大幅に影響を及ぼすのが走行距離です。

    大抵の場合、走行距離が長くなるにしたがって徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    5万kmを越えた車は「多走行車」と呼んでいて、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。

    10万キロメートル以上の車に関しては過走行車という扱いを受け、査定金額がつかない場合も多いです。

    ネットで簡単に見つかる中古車一括査定のページを使用すれば、買取希望の車の見積もりの相場が瞬時に分かりますから、やって損はありません。

    ネット環境が整っていれば端末は何でも良いので、休み時間や電車などの移動中など少しの空き時間でも有効に活用することができますね。

    ただ一点言えることは、査定見積もりを行った複数の業者から電話連絡が機を同じくしてたくさんかかってくるので、このような電話攻勢が気になるのならば、メールのみで連絡可能なサイトを利用すると良いでしょう。

    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、見積額が少々上がるという説が世の中にはあるようです。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど担当者も甘くはないのです。

    反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んで直接査定してもらおうと思っているなら、曜日や時間帯によっては短時間には終わらないかもしれませんが突然の持ち込みでも対応してくれます。

    ただ、持ち込みということになると基準となる相場もわからないまま価格交渉に臨むことになります。

    つまり本来の価値より低い価格で売ってしまう可能性もあるわけです。

    複数の会社に訪問査定を依頼した方が良い値段がつきます。

    中古車を売る際の最初のステップは、業者に査定を依頼することです。

    ネットでも査定額を知ることができるサービスが存在しますが、それは簡易査定ですので、業者による実車査定を終えてから、正式な見積額が出てきます。

    納得がいかなければ断っても構いませんし、それで良いと思ったら印鑑や必要な書類を整え、正式契約に至ります。

    それから業者から派遣された運転手が車を引取りに来たり、名義変更などのプロセスがあり、それから買い取った業者から入金があり、あとは何もする必要がありません。

    手続き完了です。

    個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに買取対象となる車の査定をしています。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、プラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。

    中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、車体のヘコミ、キズ、過去の事故歴と修復歴、車の走行キロ数といったところです。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、補修跡や事故歴などが目立たないように取り繕っても、隠しおおせるとは思わない方がいいです。

    自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

    複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、自動車売却にあたって新規に取得が必要なのは印鑑証明書のみです。

    車売却の時だけでなくて、印鑑証明書は車を買うときにも必要になってくるので、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、実際の契約時に取りに行くよりも手続きが滞りなく進むでしょう。

    全く動かなくなった自動車のことを「不動車」と呼びますが、この場合も売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。

    その動かない自動車にも値段をつけてくれるところがあるかも知れませんよ。

    部品単位でみればこれからも新品同様に使えるパーツがあるかも知れませんし、これらに対して価値を見いだして見積もってくれる買取業者は存在するのです。

    そうは言っても、通常の買取会社だと不動車と言うだけで断られるケースもあるので、はじめに調査して不動車取り扱いの会社に見積もり依頼をして買い取りすればすんなりいきます。

    自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

    丁寧に清掃する方が良いわけは2種類あります。

    1つめの理由としては、自動車査定士に車の扱いが丁寧であると好印象を抱いてもらえる可能性が高いところです。

    2番目の理由は、自動車の中にこもった臭いを軽減することが可能だからです。

    ペット臭や煙草の臭いがする車は、その具合によっても異なりますが、査定額に大きく影響すると考えて良いでしょう。

    嫌な臭いの原因になっているものは車内の汚れですから、細かな部分まで清掃することで嫌な臭いを軽くする事ができるのです。