トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    あちこち中古車買取店舗巡りをせずに、中古車の見積もり可能なWEBサイトは数え切れないほどあるといって良いでしょう。

    サイト上で算出した金額よりももっと詳しい価格は査定士が現実的にその車の状態を見積もってみないことにはなんとも言えないところはありますが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、おおよその今の段階での査定相場を知る上で大変有用ですね。

    それから、極端に相場と違う価格を付けてくる店舗を実際に車を売る店から除外することが可能です。

    中古車を査定するときに絶対必要になってくる国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと取れませんから、この中古自動車査定士の資格所持者は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

    中古車買い取り店は多数ありますが、ほとんどの場合、中古車の見積もりにかかる時間は単純に待っているだけの時間を除外すると15分かかるかかからないかです。

    これは現時点における車種ごとのオークション等の平均額を基にしてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、基本査定額から車の各部位の状態や走行距離などを確認して、これらに応じた加算や減算をすることによって簡単に最終査定金額を出すことが出来てしまうからです。

    一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。

    その一方で、手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、本来確認すべきことが疎かになってしまうため、査定手数料が必要なのかどうか契約前にはっきり聞いておくべきです。

    査定手数料をとる場合でも事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。

    中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、対象車の市場価値を計算するのが常です。

    項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点とひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。

    中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、事故歴、修理歴、傷、故障、他に忘れてはならないのは総走行距離数です。

    場慣れした担当者が訪問するので、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、ずっと隠し通せるものではないでしょう。

    車を売却する一括査定サイトがあるように、ウェブから自動車保険の一括見積りを依頼できるサイトもあります。

    年更新でも分かる通り自動車保険は資産性はない商品で、いわゆる掛け捨てタイプの保険であるため、よその会社の方が掛金が安かったり条件が良ければ、乗り換えたほうが加入者にはメリットがあるのです。

    その他の一括査定サイトと同様、誰でも無償で利用できるのが特徴です。

    一度に多くの保険会社の掛金やサービス、保障内容を比較できるというのはありがたいです。

    自分が持っている車を見積もり査定に出すときには、傷などが大きく目立つと見積もり時に減額対象となってしまうでしょう。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    自動車修理の技術が優れていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしても専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    そうかと言って、実際に売りに出す前に自分で修理を依頼した方が良い結果を生むわけではありませんから気をつけてください。

    修理にかかった費用以上に査定額が高くなることは望めず、結果的に自分が損をしてしまうだけだからです。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検切れまで残り半年くらいになるともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    でも見積金額アップを狙って車検を通してから車を売却することは有益ではありません。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

    中古自動車売却に関して言えば、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    でも、新しく購入した車に関しては、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

    これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    初めてのことでしょうから面倒と言えばそれまでですが、手数料の節約になるため、トライするのも結構ですね。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、必要書類として自動車の売買契約書があります。