トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、ゼロ円査定になってしまうこともあるでしょう。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、大きな事故を起こして修理したことがある車などは査定金額がゼロ円になることもままあります。

    複数の買取業者で見積もりを出してもらってもどこでも0円査定だったとしても、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へお願いする事が可能ですので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    大企業の中古自動車販売店においては大衆向けの中古車査定アプリを提供していますが、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。

    このアプリは、中古車をあまり査定したことがなくてもこれを使用すれば査定がしやすくなるでしょう。

    このプロ向けのアプリと専用の機械を同時に使うことで、査定対象車の過去において修理したことがあったかどうかが一発でハッキリする機能が存在するケースが大半ですから凄いですよね。

    WEB上でどんな時でも一瞬で自分の中古車の価格を査定できるのが一括査定サイトを利用することの長所と言えますね。

    車種や連絡先などの情報を入力すると一瞬で査定価格が複数の業者から寄せられて、現段階での売ろうとする車の査定相場が分かってしまうのです。

    名前などの個人情報を極力知られたくない方は、名前を入力しなくても査定可能なサイトもあるので探してみましょう。

    どんなこともそうですが、準備さえ怠らなければ査定時直前になって慌てなくて済みますし買取額が増える可能性もあります。

    準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。

    それと、いわゆる改造車(パーツ交換した車)であれば、元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

    査定では純正のほうが一般的に高値がつくからです。

    あとは、売却にかかる時間を短く済ませようと思ったら、売却先を決める前に契約時に要求される書類を用意しておくと手続きがスムースです。

    中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、対象車の市場価値を計算するのが常です。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、ひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。

    比重の大きなチェックポイントは、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、他に忘れてはならないのは総走行距離数です。

    場慣れした担当者が訪問するので、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、ずっと隠し通せるものではないでしょう。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。

    ただ、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。

    恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

    それはケースバイケースとしか言いようがありません。

    それに事故について本人同士で何らかの合意に達したとしても、自動車保険会社からすればその部分については保険対象外とすることが殆どです。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所などと話し合ったほうがいいかもしれません。

    中古自動車売却に関して言えば、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

    少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、トライするのも結構ですね。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、売買契約書を持って行く必要があるのです。

    中古車の相場は人気や流通実績値で決まりますが、国産車より流通量が少ない外車は、同じ状態の車でも業者によって買取額が全然違います。

    よく確かめもしないで売るとあとで後悔するはめになりかねません。

    査定を依頼するなら輸入車専門の業者にした方が、独自の販路を持っていることから査定額は全体的に高めになります。

    とは言うものの、輸入車専門店というのは店舗によって得意分野が大きく違うことが多いです。

    インターネットの中古車査定一括サイトを参考にして、売却対象車とのマッチングが良い業者を探すことから始めてみてはいかがでしょう。

    中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、自動車の売買は個人同士でした方が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    個人売買の際にいざこざに発展しやすいのが名義変更に関することとお金に関することです。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までにきちんと名義変更の手続きを行うように念書を書くこと回避できます。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとして2回目以降は支払ってくれない事がないように決済は一回払いのみで対応すれば余計な心配をする必要がないでしょう。