トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    中古車買取において、業者に査定依頼する際に必要になる書類は、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、特段、事前に何らかの準備をする必要性はないでしょう。

    でも、実際に売却をする際には名義変更の手続きを踏む必要性が生じますから、印鑑証明、および自動車税納税証明など専門的な何枚かの証書が必要になるでしょう。

    引っ越しをしていたり結婚したりして住所や姓が変更していて、書類の内容が正しく訂正されていない場合には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、身辺の移動があったときには売却に関しての必要書類を早めに確認しておくと良いでしょう。

    オンラインを通じてどこにいても自由に中古車の価値を見積もり可能なのが複数ある中古車一括査定サイトの利点です。

    車種や連絡先などの情報を入力すると瞬時に査定価格が複数の業者から寄せられて、これから売ろうとしている車の現時点での相場が分かってしまうのです。

    車種などの詳細情報以外の個人情報を入力したくない場合には、名前を入力しなくても査定可能なサイトもあるので探してみましょう。

    事故車などの修理の履歴は、万が一隠して買取査定に持って行っても直ぐにそれと分かってしまうのです。

    軽い損傷程度で済んでいて、それに見合った修理がされているならば修理車とはならないケースもあるので、隠し立てせずに伝えることが必要です。

    事故歴などが要因になって、もしも多くの店舗で同じように買取金額がゼロ円になってしまうと言われた場合には、故障車や事故車を専門的に買い取っている業者をあたってみると良いかもしれません。

    国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の不満やトラブルの報告があがってきます。

    近年はとくに売却(買取)絡みの電話が増加中で、一向に減る気配が見られません。

    例えば一括査定サービスを使ったところ、断っても執拗に営業電話が来て困っている、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

    泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談すると安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。

    10万キロ以上走った車というのは、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、売却見積もりを依頼してもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている会社に最初から依頼した方が良いです。

    でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

    それならディーラーも長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、気持よく査定も迎えられますし査定額にプラスに作用することもあります。

    手軽なところで掃除から始めるといいでしょう。

    また、パーツを交換しているなら可能な限り純正パーツに交換しておきたいものです。

    業者による査定では純正品のままのほうが加点評価してもらえるからです。

    あとは、売却にかかる時間を短く済ませようと思ったら、事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。

    中古車買取店の売却を勧める電話か凄くて辛い思いをするかも知れませんが、何店かの買取業者から見積もりを取るのは車を高額で売るためには必要なことです。

    相場の知識がないと自分で業者と価格交渉する際に致命傷となりますし、多くの業者に見積もりをしてもらうのが相場を知る近道でしょう。

    今すぐに売却を希望されればお得ですよ、などの営業トークに半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

    焦って事を進めないことが、なるべく高く車を手放すことができる最良の方法なのです。

    必ずしもそうなるというわけではないのですが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    所有者が個人であって、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、所得税を支払う可能性もあります。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に税務署のスタッフに聞いてみてください。

    実車査定で正式な買取額を知りたいなら、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいは査定士に自宅まで出張してもらうという手もあります。

    車を売ることが近所には知れてしまうかもしれませんが、それでも良ければ訪問査定は金額的に良い結果が出やすいのでメリットが大きいです。

    訪問査定や出張査定と呼ばれる方法だと、一度にたくさんの業者に査定に来てもらえますから、同業他社と査定額を争うことになり、売却価格がアップするわけです。