トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    中古車買取専門店で査定金額を算出する場合においては、走行距離数がどの程度かは大変重要な問題です。

    一般的には、走行距離が伸びるにしたがって、その車の査定額というのは下がってしまうものです。

    5万kmを越えて走行している車は一般的に多走行車と呼んでいて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    10万kmを越えて走っている車は「過走行車」と呼ばれて、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    ボディにキズやへこみがある場合にはマイナス査定されることが多いです。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    自分でキズやへこみを直したといっても、自分で修理するのにかかった費用以上に見積金額が高くなるケースはまれだからです。

    車を自分で直そうと考えるより、中古車買取成立後に、買取業者の方で提携先の修理会社に依頼した方が修理コストがかからないからというのが、査定額がアップしない理由です。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、大別すると車種や車体の色などの基本性能、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車内の臭いや内装の状態確認、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    以上の結果と今現在の査定相場を総合的に判断して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

    実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も買取のための査定を行う時点でくまなくチェックされるものです。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、舗装の巻き上げ等でつく小傷などは「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

    いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても修理代のほうが査定額のプラス分を上回り、トクをするケースは極めて少数でしょう。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    新しい車をディーラーで買う際についでに下取りもお願いしてしまうのであれば、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、自分で買取業者を探して売る場合は、納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    どうしても車が必要であれば、実車査定の段階以前にあらかじめ代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。

    会社や店舗ごとに代車がないこともありますから、しっかり確認しておかなければ後でとんだ出費を強いられます。

    初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数でこの車は何年落ちだなどと言います。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなくその車が初めて登録された年数ですからわからなくなったら車検証を見てみましょう。

    当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、いざ購入する立場で見てみると、状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    近年利用する人が多くなったウェブ上の無料中古車一括査定サイトは、自動車売却の時にはとても有用です。

    一括査定に申し込むとすぐさま電話攻勢にさらされますが、必要ない買取会社にはもう売ってしまったと嘘をつくことで電話をやめさせることが出来るでしょう。

    売却しようとしている愛車を高く査定してくれた何社かを選んで、じっさいの見積もりをしてもらうようにして下さい。

    ちょっとでも高く売りたいからと言っても、相場と比べて異常に高い査定額を示してきたところは何か裏があるかも知れませんので気を付けた方が良いでしょう。

    特別自分と仲の良い友達に愛車を売ろうとするときには、お金をどうするかなどの契約事が曖昧になりやすいです。

    愛車を売るのはかなり大きなお金が動いて当然の事柄です。

    親密な間柄のこととは言え、支払い方法や車の売却金額、名義変更の期日など、重要項目については書類にしておくべきです。

    口約束だけで済まそうとする相手とは、後からトラブルに発展してしまう危険性があるので、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。

    ネット上の中古車一括査定サイトを使うと、その車のおおよその査定金額が把握できます。

    実査定の際に価格交渉をしようと考えたときには事前に知識を得ておくことはとても大切ですね。

    逆に、売却はしないだろうが相場だけちょっと知っておきたいケースで活用するのはあまり良いとは言えないでしょう。

    無料一括査定サイトを利用すると、とたんに売却を勧める電話が一気にたくさんかかってくるからです。

    ちょっと相場が知りたいだけだったのならば、たくさんかかってくる営業電話は全くのストレス源にしかなりません。