トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    ウェブ上で買取希望の中古車の見積もりをまとまって何社にも査定を依頼可能な、多くの中古車一括査定サイトが存在します。

    査定額を出してもらったら売却するべきという決まりはありません。

    しかも、多くの店を自分で回る必要性がないのが良いですね。

    メリットは多いのですが、業者によっては車を自分のところで売却しないかとしつこく電話される事もありますから、自分に直接電話連絡されたら面倒だという方は、連絡手段が主にメールのところを選べば良いのではないでしょうか。

    大手の中古車販売店では一般大衆に向けた車の査定アプリを売りに出していますが、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。

    これは、実際の査定業務経験があまりなくても簡単に中古車の査定が可能になるアプリです。

    業務用の査定支援アプリと専用機器を一緒に使うと、査定対象車の昔何か修理する必要に迫られたことがあったかが瞬時に分かってしまう機能がついている場合がたくさんあるのです。

    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルは幾つか存在しますが、トラブルの中には大変たちの悪いものもあるのです。

    見積もりを出してもらってその車の引き取りが完了した後になって、もう一度確認したら不備があったなどと実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、中古車だけ取られてお金が入ってこない場合もあるのです。

    このような悪質な業者に出会ったときには、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。

    あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際はこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書はサイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった金額やそれに関する諸条件は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してからサインしてください。

    もし売却予定の車のホイールが他メーカー製であれば、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことをおすすめします。

    一般的な査定では、他メーカーよりは純正の方がプラス査定がつくことが多いのです。

    状態が悪ければ意味がないので屋外保管ならカバーをかけて時々状態をチェックし、可能なら室内保管が一番手間がありません。

    別注ホイールはそのコンディション次第ではオークションでなかなか良い値段がつく場合も多いのです。

    10万キロ以上走った車というのは、よく過走行車と言われ、査定サイトなどを使って売ろうとしてもタダ同然になることが多いです。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    車を売買しようとする際、一度に複数の会社の出張査定予約を取り付けて、その場に居る全員に同時に査定をしてもらうことを相見積もりと呼んでいます。

    相見積もりをしてもらうと何が得かというと、その場に居る査定スタッフ同士が価格競争をして見積額の引き上げを狙えることでしょう。

    中古車買取会社の中には相見積もりを快く思わないところもあるのですが、相見積もりに難色を示さないところは車を購入したいという意欲が高いところがほとんどで、業者同士の価格競争が激化することに期待が持てますね。

    相見積もりは少しでも高値で査定してもらうために抜群に効果的な方法なのです。

    今まで乗っていた車を買取専門店に出して、すぐにその場でお金を受け取りたいという人は、即金に対応している買取業者を探してください。

    業者によっては大々的に「即金対応できます」と宣伝していないところもありますが、中には相談すれば即金対応してくれるところもあります。

    でも、即金対応してもらう場合には、足元を見られることになって査定額も低く提示されても仕方ないかもしれません。

    現金をすぐに手にしたいのか少しでも良いから高く売却したいのか、どちらが優先順位が高いかを良く考慮して、後者が優先順位が高かったら即金対応にこだわってしまうのはあまり良い傾向とは言えないでしょう。

    最近販売されている車は買った当初からカーナビが付いているものが大部分です。

    このため、単純にカーナビシステムが装備されているだけではあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限って査定額アップが望めるでしょう。

    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、買い取りに出す前に外してしまって別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。