トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    中古車売買に於いて、その査定基準は、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、事前にしっかりと掃除することで見積金額のアップが狙えます。

    過去の事故歴に関しては、プロの目から隠し通すことは絶対に無理ですから、嘘をついたりせずに伝えましょう。

    これら基礎となる基準をチェックしてから、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、最終的な見積額を決定します。

    できるだけ高く中古車を売却するには、一軒二軒の査定で満足せずに多くの会社へ査定をお願いするのが手っ取り早い方法です。

    ほかの業者が提示した査定額を見せることで車の査定金額が変化する事は珍しくありません。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには無料一括査定サイトを利用するのが有効ですが、一括査定サイトで異常に高額な査定額を表示する業者はもしかすると詐欺に遭う可能性もありますから注意するに越したことはないでしょう。

    車の買取業者にはそれぞれ特色があり、軽自動車を専門的に扱ったり、輸入車や事故車を扱うなど、あるジャンル限定の車販売が得意だったり、若しくは専門的に販売している店舗が存在します。

    もし売却予定の車が軽だったら、やはり軽自動車の販売に長けている店舗に売却した方がきっと高値を付けてくれるはずです。

    そういった会社は中古車の無料一括査定サイトを使った際にも、一般の買取会社よりも幾らか高値で取り引きしようとしてきますから、判別することができるでしょう。

    買取対象の車を直接見て査定してもらうためには、中古車屋に車を乗り付けるのではなく、業者に訪問査定に来てもらうことも可能です。

    ほとんどの買取業者は無償で出張査定を行っています。

    出張査定であれば同時に多数の業者に訪問してもらい、同日中に各社の見積額を出させることも可能です。

    契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、高額な査定結果を得やすいという利点があります。

    10万キロ以上走った車というのは、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、一般の中古買取店などで査定してもらっても値がつかないで、実質引取りのみなんてことも珍しくありません。

    また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、過走行車や多走行車、事故車などを専門にしている業者に相談するという手があります。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が良い査定が得られると一般に言われています。

    晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、査定士が気づかず減点されずに済むからというのが理由です。

    ただ、そんな儚い期待を抱くより、査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でも数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が良いに決まっています。

    業者同士で競合が起きれば全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。

    車の売却を済ませた後から、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除などを通達してくる事があるのです。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば自分の方が非難されるべきですが、査定時に何か見落としがあったというならば非難される覚えはないのです。

    どうしても納得いかないときには、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。

    中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、溝が磨り減っているとマイナス査定になります。

    しかしながら、車を手放す前に新しく購入してタイヤを付け替えても費用ほどには査定アップしませんから、タイヤを新品に変えても意味がありません。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、実際の見積もりに出す前にスタッドレスではなくてノーマルタイヤに戻した方が良いでしょう。

    スタッドレスタイヤを履いていても、季節や地域限定でしか売れないため、査定額が下がってしまう原因になるのです。

    車を売ろうと思い立ったら、ネットで無料中古車一括査定サイトを検索して利用すると、売ろうと考えている車の価格相場が一瞬で把握可能なのでとてもメリットが高いです。

    相場の値段は把握できますが、実際にいくらの価値があるのかは「実査定」を受けて最終的な査定額を聞くまでは分からないのです。

    その車の外装や内装の状態、および車検がどのくらい残っているかなどによって、見積額はかなり変化するのです。

    車を査定してもらうときには、一括査定サイトが出した査定結果を過信しすぎるのもいけないと言うことを覚えておきましょう。