トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    車の買取を専門にする業者の中には特徴があって、軽自動車や事故車、輸入車など限定された種類の車の販売を得意とする、若しくは専門としている買取業者が存在します。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、やはり軽自動車の販売に長けている店舗に売却した方が多分買取額が高くなるはずです。

    このような特定ジャンルに特化した業者は一括査定サイトを利用した際に、そのほかの買取専門店よりも査定額が幾分高く表示されますので、なんとなく分かります。

    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしても同様に査定額がつかないケースでも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ引き取りを依頼する事もできますから、その車を売ることを止めてしまう必要はないのです。

    普通は、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、望んでもくれない場合が大半です。

    遺産相続の手続きの際や、自己破産申告を行う際の資産証明などで車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、JAAI(日本自動車査定協会)へその車の査定額を見積もってもらわないといけません。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、査定してもらうには料金が必要です。

    さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。

    車を査定する際には車の所有者が必ず立ち会う必要があるなどとする決まりなどはありませんが、当事者がいないがために起きるかもしれない問題を回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、本人が査定に立ち会う方が良いです。

    たちの悪い業者だと、所有者がいなければわかるまいと元はなかったところに傷をつけるという悪質な手段で少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    買取対象となる車を業者が査定する際は、公平な査定を期するために標準的な状態をベースにしたチェックリストがあり、マイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    そんな中で確実に減点されるのは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    ただ、あまり気にして自分で直そうと思ってしまうと、逆に減点の度合いが大きくなってしまう場合もあります。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

    買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、下取りと売却の2種類に尽きるでしょう。

    売りに出すなら出来るだけ多くの買取店舗から相見積りをとることで業者間の競争心を煽り、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    その一方、下取りはというと、どことも競う必要がないため、もしかすると安く買い叩かれてしまうかもしれません。

    けれども一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはありません。

    一概にどちらが良いかは言えません。

    じっさいに見積もりを出してもらって得た査定額は、ずっとそのままの値段で取り引きしてくれるのとは違います。

    中古車の価格の相場というものは常に変動が激しいですから、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    車の査定額を見せられたときに売ることを躊躇してしまうような場合は示された見積金額がいつまで有効なのか必ず聞いておくようにしてください。

    保証期間については交渉することもできますが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。

    たとえ自動車ローンが残っていようと場合によっては車を売ることもできます。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されているという条件がクリアできるならの話です。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、完全にローンを返し切るまでは車の所有権は本人にはありません。

    ですから、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

    もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。

    どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を充分に理解すると言うことは、車関連の話に限定されることなくさまざまな売買を行う上で大変重要になってきます。

    自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    記載された中古車の状態は適切か、金銭面で分かりにくい箇所はないか、じっくりと確認することが大切です。

    疑問点が生じたら遠慮せずに担当者に相談して解決する姿勢も大切でしょう。