トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    何も中古車販売店に限ったことではありませんが、売買に際して起こる可能性のあるトラブルはいくつかあるでしょうが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    査定額に納得して車を手放した後から、もう一度確認したら不備があったなどと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    最も悪質と思われる業者の場合は、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    これらのような質の悪いケースに巻き込まれたら、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。

    ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは好き嫌いがありますので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    原色系はマイナス査定されやすいと言っても、査定価格はその時点でのオークションの相場によりけりなので、その時の流行によってある一定の色に幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、査定を担当する担当者にもよりますが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    車検の残りが1年以下のケースでは残っている期日に応じて査定額が変わったりはしないのです。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、売却する前に車検を通したとしてもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格に上乗せされることはないので、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    満足できる査定結果が得られ、車を売却しようという段階になったら複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから注意しなければいけません。

    基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車はよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が良い査定が得られると一般に言われています。

    暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、担当者が見誤る可能性が高いからです。

    ただ、そんな儚い期待を抱くより、来てくれるならいつでもという構えで数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が効率的です。

    価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、結果的に査定金額も高くつけざるを得ません。

    買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、買取業者への売却かディーラーによる下取りではないでしょうか。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい契約をめぐって競争せざるを得ない状況を作り、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、価格を比較する相手がいないので安く見積もられてしまう可能性もあります。

    とはいえ、一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    状況に応じて選ぶと良いでしょう。

    近年市販されている車ははじめからカーナビシステムがついているのが大部分です。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えばプラスの査定が期待できます。

    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいてカーナビだけ別にしてオークションで売ることも良い方法でしょう。

    インターネット上に存在する中古車一括査定サイトを利用すると、車の価格の相場がすぐに手に取るように分かるため大変便利です。

    相場価格は知ることができますが、現実にいくらで売ることができるのかは実際に査定士に見積もってもらって最終価格を聞くまでは分からないのです。

    車検の残り期間の有無やその車の状態がどうかによって、実際の査定金額は大きく変わってしまう可能性が高いのです。

    車売却の際には、中古車一括査定サイトからはじき出された相場価格を過信しすぎるのもいけないと言うことを覚えておきましょう。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、年式が古い車の場合通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    愛車を売ろうという場合には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。