トップページ

    このサイトでは車買取一括査定がメールのみでOKなおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車買取の一括査定は便利だけど凄まじい電話営業が苦手…。できればメールのみでお願いしたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    特に1位と2位の車買取業者はしつこい電話がないのでおすすめです。メールのみ、もしくは電話は1本のみという非常にユーザーに寄り添ったサービスです。
    入力も2~3分もあれば十分終わるくらい簡単なので、複数の車買取業者に査定の依頼をしてあなたの愛車を高く買い取ってもらいましょう。

    さらに「車を高く買い取ってもらう」ことを重視するなら、3位の電話ありのサービスも合わせて利用すると車の高額買取が実現します。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車買取の査定依頼ができます。

    車買取の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法を「メールのみで希望」と入力すれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに車買取の概算価格が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える車買取の一括査定サービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年乗った中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車買取の一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。メールのみのサービスではありませんがおすすめできます。
    車買取の査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」というのが気になる場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もりをしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたの愛車を売却しましょう。







    ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、査定アップの要因になる場合が多いのです。

    それとは逆に赤や黄色などの原色系は好き嫌いがありますので、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場により上下しますので、流行があれば一定の色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    たいていの場合、中古車買取専門店においては、中古車の見積もりにかかる時間はただ待っているだけの時間を除くと約10分少々で済みます。

    なぜかというと、査定する時点での車種ごとのオークションなどの平均相場を基本として基礎となっている中古車の査定額が定められていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、それらの状態に応じた減額や加算をすると最終的な価格を決定することが可能だからです。

    中古車に限らず、インターネットでは買い取ってもらいたい車の見積もりを一度に複数の企業にお願いできてしまう、車の一括査定サイトが数しれず見受けられます。

    一括査定サイトを通したら絶対にその車を売却しなければならない訳ではなく、自分の足を使って複数の会社に査定してもらいに行く手間が省けるのです。

    しかしながら、査定してもらったお店の中には勧誘の電話が幾度となくかかってくる場合もあるでしょうから、自分に直接電話連絡されたら面倒だという方は、電話ではなくメールでやり取りが出来る一括査定サイトを利用すれば良いのです。

    大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、査定前に洗車していようと、査定項目には清掃などはないので買取額への直接的な影響はありません。

    持ち主が行う程度の清掃であれば、後々業者の手で行うことも可能なのですから、無理もありません。

    ただ、直接的ではないものの、良いこともあるのです。

    訪問した時に査定対象の車が清潔でピカピカであれば、担当者は良い印象を持ちますし、それだけ礼儀正しく丁寧な相手には悪い取引はできません。

    査定は減点採点で行われるのが普通ですが、それを入力するのは営業マンですし、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で普通、10000kmが目安と言われます。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、これが10万キロともなれば過走行車扱いで査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    走行距離数が年式の割に極端に短いと、却ってパーツが劣化して故障寸前になっていることが多く、敬遠されることがあります。

    車を査定して欲しいからといって、突然、買取店舗に車で行ってしまうのは良い方法とは言えません。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    なにせ買取査定の対象となる車を店舗に持っていくのですから、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、その日のうちに契約締結も可能です。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人である場合に限られます。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、完全にローンを返し切るまでは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。

    しかし、ローン途中でどうしても売却したい時は、ローン会社に申請して許可が出れば、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。

    充分な心構えを持っていたとしても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    中古車を売る時に時折見られる事案としては、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額すると通達される場合があるのです。

    契約後に問題が見つかったと言われたとき、売り手側が事故などを隠していたのならば責任があるのは自分側です。

    そのようなことがないケースでは、見積もり時に見落とした方が悪いので、後から何か言われても了承する必要はないのです。

    インターネット上に存在する中古車一括査定サイトを利用すると、売却予定の車の相場が一目瞭然なのでとてもメリットが高いです。

    相場価格は知ることができますが、現実にいくらで売ることができるのかは実際に査定士に見積もってもらって最終価格を聞くまでは分からないのです。

    車検の残り期間の有無やその車の状態がどうかによって、実際の査定金額は大きく変わってしまう可能性が高いのです。

    中古車を手放そうと考えているときには、中古車一括査定サイトからはじき出された相場価格をあまり過信するのも考え物です。